長野県松本市のケーキ屋 Pâtisserie NUMOROUS(パティスリーニューモラス)インタビュー2話

No.05
Pâtisserie NUMOROUS
Pâtisserie in Matsumoto Nagano
話し手
owner
話し手
Pâtisserie NUMOROUS
オーナーパティシエ
大塚 泰裕
埼玉県出身。専門学校を卒業後、みなとみらいの「横浜ロイヤルパークホテル」にパティシエとして就職。その後、鎌倉の「Patisserie 雪乃下」、東京目黒の「パティスリー ジュンウジタ」で腕を磨き、Iターンで長野県松本市に移住して独立。2017年3月「Pâtisserie NUMOROUS」をオープン。
聞き手
interviewer
聞き手
ライター
後藤 麻衣子
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集・印刷媒体の企画などを7年経験したのち独立し、現在ライター9年目に入る。2015年、工業デザイナーの夫と「株式会社COMULA」をスタート。甘いものもお酒も大好きだが、今は妊娠のため禁酒中。お酒がしっかり効いたケーキは大好物。
#05-2

オーナーの思いを感じる空間デザイン

晴れて物件が決まって、店づくりのスタートですね!
物件が決まってから内装を考え始めた、という順序でしょうか?
物件が決まる前から
なんとなく内装の依頼先は探していました。
ただ、Iターン移住者としては地元に貢献したいとも思っていたので、
まずは松本の業者さんをあたってみたんです。
どんな探し方をしたんですか?
物件が決まる前に、
地元の厨房屋さんで鎌倉さんという男性との出会いがあって、
その方がデザイナーさんを紹介してくださったんですけど…。
なんか、あまりピンとこなかったんですよね。
悪くはないけど、センスが感じられないというか、
どうも決め手が見つからないというか…。
「悪くないけど、なんか違う」という感じ?
そう。
それからいくつか地元のデザイナーさんを調べてみたんですが、
良さそうな人が見つけられなかったので、
そこで一旦、松本縛りで考えるのはやめました。
そこからは、どう探したんですか?
僕自身、デザインの知識もなければ、業界の知り合いもいないので、
とりあえず「ケーキ屋 内装」で画像検索して
片っ端から画像を眺めることからスタートしました。
気になったところはチェックして、また検索して…と?
はい。とにかくそれの繰り返しでした。
チェックした数多くのお店の中から最終的に3店舗に絞って
デザイン会社を検索したら、そのうちの2店舗が
「コムデザインラボ」の実績だったと知ったんです。
なんと!すごい確率ですね。
ちなみにその2店舗は、どこでした?
なるほど。
どちらも素敵なお店ですよね。
その瞬間、
「もうこの会社に決ーめた!」って、自分の中で即決の勢いでした(笑)。
KOMさんは、ほかのデザイン事務所とはなんか違うな、と思ったんです。
「ほかと違う」と感じたのはどんな点でした?
もちろん、ほかのデザイン事務所のサイトもいくつか見ましたよ。
見たんですけど…。
うーん、うまく言えないんですけど、
多くのデザイン会社は「デザインの主役が、デザイナーの作風」だと感じちゃったんですよね。
「デザインの主役が、デザイナーの作風」とは?
店の写真を見てるだけでは、オーナーさんがどんな人かはわからない。
まあ、当たり前と言えば当たり前なんですけど…。
店の写真を見てると、
「そのデザイン事務所が得意とするデザイン」だというのはわかるんですよ。
「そのデザイン事務所らしいデザイン」というか。
そういうデザインの色みたいなものが、どの店でも結構出てた印象だったんです。
なるほど。
KOMさんの実績を見てると、店の写真を見てるだけで、
なんかオーナーさんの雰囲気が見えてくる気がしたんですよね。
もちろん、いい意味での“KOMっぽさ”はあるんですが、
どの店もあまり似てないところに惹かれたのかな。
とにかく店の雰囲気が全然違うし、個性も出てると感じました。
僕はデザインのプロじゃないのでうまく言えないんですけど
「オーナーの気持ちを反映してくれるデザイン会社なんだな」と直感的に思ったんです。
確かに、KOMさんがデザインしたお店って、
その背景とかオーナーさんの思いが見えてきますよね。
それでいてKOMっぽい遊びゴコロもあるというか。
そうそう!
画像を検索しながら改めて思ったんですけど、
ケーキ屋さんのデザインって、みんなして「ケーキ屋さんっぽい」んです。
かわいらしくて、女性やファミリーに好かれそうな…。
キラキラしてて、BGMにオルゴールが似合いそうな?
そう。
キラキラした商品も、ショーケースの雰囲気も、
焼菓子の梱包材やギフトのパッケージも、
どの店見ても全部同じに見えてくるんですよ。
その中で、タカギさんが手がけたケーキ屋は、ちょっと違ってたんです。
店内に電車が走ってるし、焼菓子もセレクトショップみたいな陳列でおしゃれだし。
確かに、電車が走ってるケーキ屋さんなんて、
探してもなかなかないですね。
さらに「しあわせのえき」さんのオーナーインタビューを読んでたら、
オーナーさんがフランスのメトロが好きって書いてあって。
よく見ていくと、細かいところでメトロの再現力がめちゃくちゃ高くて驚きました。
何より「こんなケーキ屋見たことない!」っていう衝撃が大きかったのかも。
印象に残りますよね。
写真にも収めたくなる!
ケーキ屋をつくるにあたって、
どこかで見たことのあるような雰囲気になっちゃうのが一番嫌で、
漠然と「ケーキ屋っぽくないケーキ屋がいいな」と思っていたので。

だから「しあわせのえき」さんとか「リンコット」さんが、
僕の中で引っかかったのかもしれません。
WORKS
  • Pâtisserie NUMOROUS(パティスリーニューモラス)
  • Pâtisserie NUMOROUS(パティスリーニューモラス)
  • Pâtisserie NUMOROUS(パティスリーニューモラス)
Pâtisserie NUMOROUS
(パティスリーニューモラス)
↑
MENU CLOSE
Please follow me!
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
すごい!デザイン相談会 詳しくはこちら