長野県安曇野市のパン屋 あづみのるベーカリー インタビュー

No.06
あづみのるベーカリー
Bakery in Azumino Nagano
話し手
owner
話し手
あづみのるベーカリー
オーナー夫妻
小池 稔・美保
専門学校を卒業後、それぞれ調理や接客など経験を積み、2010年に地元・長野県のベーカリーで出会い、結婚。その後、東京のベーカリーなどで修業を積んだのち、Uターン。自宅の敷地内で「あづみのるベーカリー」をオープンした。稔さんは長野県松本市、美保さんは長野県池田町出身。
聞き手
interviewer
聞き手
ライター
後藤 麻衣子
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集・印刷媒体の企画などを7年経験したのち独立し、現在ライター9年目に入る。2015年、工業デザイナーの夫と「株式会社COMULA」をスタート。朝はパン派。フランスパンやリュスティックなど、ハード系のパンをワインに合わせるのが好き。
#06-4

どこよりも一番「自分たちらしい店」

店舗デザインにあたって、タカギさんには、どんなオーダーをしたんですか?
「こんなパンを作りたい」「こんな価値を提供できるベーカリーにしたい」という思いを伝えて、思いの丈をまとめた開業計画書を渡しました
「こんなデザインにしてほしい」とか、細かな内装のオーダーは?
木目の素材感が好きで、店舗の壁や床はそんな感じなので、全体的には落ち着いた感じ、ナチュラルな感じがいいな、というのは伝えましたが、それ以外はおまかせすることにしました。
僕らは空間デザインに関しては素人なので、そこはプロに頼ろうと思って。
細かなオーダーはしませんでした。
初めて店舗デザインのプレゼンを受けたときは、どんな印象でしたか?
もうね、「すごい!」のひとこと。
そうだね。
自分たちには思いつきもしない世界観だったので。
理想通り…というか、理想以上。
「なんでこういう発想が出てくるんだろう、プロってすごいな…」と感動しました。
見た瞬間に、すごいワクワクしたよね。
いよいよ自分たちのお店ができるんだなあ、という実感も湧いてきました。
これまで、地元でも東京でもいろんなベーカリーを見てきましたが、どれがいいとか悪いとかではなくて、ほかのどんな店よりも「一番私たちらしい店だなあ」というのが第一印象でしたね。
「私たちらしい」店?
タカギさんが持ってきてくださったイラストは、私たちの理想そのもの。
だけど、私たちには表現もできないし、オーダーすることもできないものでした。
そのとき改めて、「ああ、私たちだけでやってたら絶対こうならなかったな」と、反省とともに、本当にプロにお願いして良かったなと思いました。
なるほど。
そこはお二人の思いを、タカギさんがうまく汲んでくださったんですね。
お店の名前も、このタイミングで提案があったんですか?
はい。
「店名は私たちも考えてみますが、タカギさんにも一緒に考えてほしい」ということと、難しい名前だと覚えてもらえないので、日本語でわかりやすく、覚えやすい店名にしたいというのは伝えてありました。
そしたら、初回提案時に「あづみのるベーカリー」という案が入っていて。

二人で思わず顔を見合わせたよね。
そう。
僕らも似たような名前を考えてたので、なんだか嬉しかったです。
嬉しい偶然ですね!
で、似たような名前ってどんな名前だったんです?
妻の親戚が、僕が焼いたパンのことを「みのパン」って呼んで親しんでくれていて。
「安曇野」と「みのパン」を合わせたら面白いんじゃない?って話していた矢先だったので、タカギさんからの提案書に「あづみのるベーカリー」があってびっくりしました。
やっぱりタカギさんは私たちの気持ちを汲んでくれる人なんだなあ、とか、同じ感覚で考えてくださる方にお願いできて良かったなあ、と思った瞬間でもありました。
店舗やロゴデザインの中で、特に気に入っているところは?
僕は、家の形の什器がとても可愛くて気に入ってます。
あと、レジのところの飾り棚も。
ここには、妻が作ったパンを飾っています。
店全体の雰囲気はもちろんですが、ロゴやちょっとした看板も、とっても可愛い。
お客さんもよく写真を撮っていかれますよ。
外観も内装も、フォトスポットがたくさんありますよね!
よく「写真撮ってもいいですか?」って聞かれます。
窓からの景色もよく撮影されますけど、外の案内看板とか、ショップカードとか…
細かいところまで「かわいい~!」って言いながら撮ってくれて、私たちも嬉しいです。
やっぱり、全体の雰囲気が統一されているというのが強いんだなあと、オープンしてから、改めてデザインの持つ力の強さを実感しています。
WORKS
  • あづみのるベーカリー
  • あづみのるベーカリー
  • あづみのるベーカリー
あづみのるベーカリー
↑
MENU CLOSE
Please follow me!
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
すごい!デザイン相談会 詳しくはこちら