長野県安曇野市のパン屋 あづみのるベーカリー インタビュー

No.06
あづみのるベーカリー
Bakery in Azumino Nagano
話し手
owner
話し手
あづみのるベーカリー
オーナー夫妻
小池 稔・美保
専門学校を卒業後、それぞれ調理や接客など経験を積み、2010年に地元・長野県のベーカリーで出会い、結婚。その後、東京のベーカリーなどで修業を積んだのち、Uターン。自宅の敷地内で「あづみのるベーカリー」をオープンした。稔さんは長野県松本市、美保さんは長野県池田町出身。
聞き手
interviewer
聞き手
ライター
後藤 麻衣子
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集・印刷媒体の企画などを7年経験したのち独立し、現在ライター9年目に入る。2015年、工業デザイナーの夫と「株式会社COMULA」をスタート。朝はパン派。フランスパンやリュスティックなど、ハード系のパンをワインに合わせるのが好き。
#06-3

内装デザインはその道のプロに頼むべし!

それから、どのように店づくりをスタートしたんですか?
本格的に物件を探し始めてみたものの、賃貸では条件が合うところがなかったので、土地を購入して、店舗兼住宅にすることにしました。
知人の紹介で設計事務所さんに設計をお願いすることに。
お店の内装についてはどう決めたんですか?
設計が進んでいるときは、内装はまだノープランでした。
壁や建具は、なんとなく自宅で選んだものと同じものを入れてもらう予定で、そこまで深く考えてなかったんですよね。
ただ、厨房に関してはプロにお願いしないといけなかったので、地元の厨房屋さんに相談しました。
地元の厨房屋さんって「鎌倉さん」?
そうそう!
ニューモラスさんの厨房も担当された方ですよね。
大塚さんにもお話をお聞きしましたよ。
そうなんです。
鎌倉さんにお会いしたら、「最近、新しいケーキ屋さんの厨房担当したから行ってみてよ、かっこいいお店だよ!」ってニューモラスさんを紹介してくださって。
ニューモラスの大塚さんのご厚意で、厨房設備を見せていただけることになったので、見に行きました。
ニューモラスさんの店舗を初めて見たときの印象はどうでした?
とても素敵なお店でした。
感動したのと同時に、「うちの店、このまま進めて大丈夫かな?」と不安にもなってきて…。
帰ってきて、そのことを妻に話しました。
稔さんの話を聞いて、「どんな会社が作ったんだろう?」と調べたら、コムデザインラボのホームページが出てきて。
Webで過去の事例を見て「すごいすごい、うちもこんな感じにしたい!」と思って、すぐに問い合わせて、名古屋の事務所へ伺いました。
そのときは、店舗の設計は結構進んでたんですか?
はい。
もう結構進んでいて、もう大枠の変更はできないタイミングでした。
実を言うと、鎌倉さんにお会いしたとき、厨房の図面を見ながらいろいろ指摘されていて。
店舗の設計についてはちょっと不安になっていたところでした。
ニューモラスさんの店舗デザインを見たり、鎌倉さんの指摘を受けたりしているうちに、
「お店が家っぽくなっちゃうかな…」「店として成り立つかな…」という不安が湧いてきたんです。
そんな中、タカギさんの存在を知って、初めてお会いしたんですよね。
そう、そんな私たちの不安を見透かすように(笑)、タカギさんからは店舗デザインのプロとしての意見をいろいろいただきました。
具体的には、どんな話が?
「外観は、家と店の区別がついた方がいいと思う」と、店舗の屋根をフラットにする案を出していただきました。
話を聞いていると、「確かに…!」と思うことばかりだったよね。
そうそう。
でも、そのとき既に設計は進んでいて工期も迫っていたので、「変更なんてできるかな?」と思っていて。そしたら、タカギさんがお会いした翌日に「これ、設計士さんに見せてみてください」と完成予想図が送られてきたんです。
店舗の屋根だけをフラットにした、手描きの外観イラストでした。
「確かに、こっちの方がいいかも!」と思ったので、急いで設計士さんに相談したんですが、残念ながらもう変更ができないタイミングまで来ていました。
ちょっとだけタイミングが遅かったんですね。
タカギさんに依頼するのが遅かったのは私たちの方なのに「なんとかいいものにしたい」というタカギさんの思いはとても伝わってきて。
お忙しいのに、翌日に早速イラストを提案してくれるなんて、「この人、すごい…!」と思いました。仕事に対する信念というか、オーラっていうのか…、全力で仕事されてる感じって言うんですかね。
そういうのが、タカギさんのお仕事ぶりからひしひしと伝わって来ました。
名古屋でタカギさんにお会いした瞬間から、二人の中で「内装はこの人にお願いしたいね」と決まってましたし、本当に仕事が速くて、熱心な方なんだなあと、感動しました。
それで、内装は正式にタカギさんにお願いすることになったんですね。
はい、壁や照明、建具などはなんとなく決めていただけだったので、内装に関しては一回白紙に戻して、タカギさんにバトンタッチしていただくことにしました。
タイミングとしてはとてもギリギリでしたけど、とにかく間に合ってよかったです。
WORKS
  • あづみのるベーカリー
  • あづみのるベーカリー
  • あづみのるベーカリー
あづみのるベーカリー
↑
MENU CLOSE
Please follow me!
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
すごい!デザイン相談会 詳しくはこちら