MENU CLOSE
すごい!デザイン相談会 詳しくはこちら
みせづくりヘッダー

代表 タカギイメージ

コツ

デザイン料の考え方について

デザイン料の考え方についてメインイメージ
貧乏症経営者の私だから言える、お金のこと
「モッタイナイ!」が口癖の、貧乏症経営者のタカギです。

人々の考える『高い』『安い』には大きな個人差があって、それは経営者である限り、毎日のように意識されることでしょう。

特に私たちの業界(クリエイティブ業界・デザイン業界)では、ブランディングやデザインにかけるお金が『どのくらいが適正価格なのか?』はとても難しく、その“相場観”というのも、あってないような感じが、なかなか難しいのです。


なぜ難しいのかというと、発注する側の意識によって正解が変わるから。

例えば弊社のチラシデザイン料は片面120,000円〜です。
一方で、ネットで”激安”というキーワードも入れて検索してみたら5,000円〜ってサービスがありました。

同じチラシなのに、ここまで金額差がある理由について考えてみましょう。

答えは・・・
A.確実な集客するために考えられたチラシなのか
B.それっぽく情報か書かれただけのチラシなのか

っていう、考えたら誰にでもわかる違いなのですが、そこがわからない経営者(と経営者にこれからなる人)が多いので、そういう違いがわからない人が多いことが飲食店なら3年で8割、エステなら1年で5割も倒産すると言われる所以でしょう。

本当に我々のチラシデザイン120,000円が高いのなら、発注が全然来なくてとっくに潰れてますよね。だって、金額差はなんと24倍ですよ?!

それでも発注いただけている理由は、我々に発注してくれるお客さんが金持ちだからではありません!
皆さんが貧乏とは言いませんが(苦笑)、全てのオーナーさんが中小企業、半分は借金してリスクを背負って独立した方々です。


我々コムデザインラボに、なぜ全国から仕事のオファーが来るのか、一度考えてみてください。

本当に5,000円のチラシに価値があるのであれば、ウチが発注したいくらいです。(笑)

そんな簡単な価値の違いがわからない人が経営者ならば、他人から選んでもらえるお店を作れる訳がありません。


月2万円で成功店になれる?!
KOMのオーナーさんが言っていた話が、経営者としてとてもわかりやすい話だったので、その時に聞いたお話をそのまま書かせていただきます。

30代後半で新規開業で独立した経営者さんが、独立してから1年後に語っていたお話です。

—————————————————–
「お店をやりたい!って言ってる人にまず初めに聞きたいのが、自分で開業したそのお店で今後何年やる覚悟なんだ?って話です。」

「人生をかけた独立なのに、最初から2・3年で締める予定ってことはあまりないですよね。短く見積もって10年としましょうか。ホントだともっと長いけど。」

「ちなみに私が今回の開業でコムデザインラボさんに払ったブランディング・デザイン料は全部で250万でしたよね。」

「それって10年で計算したら、1ヶ月2万円ちょっとってことですよ。」

「普通に考えたら、たった月2万円で成功店になれるチャンスがあるのに、そんな簡単な計算も出来ない、それを支払う覚悟もできない中途半端なヤツらばっかりなんですよ、みんな。。。」
—————————————————–

これは実際に弊社で独立・開業支援したお店のオーナーさんがおっしゃってました。今でもテレビ・雑誌に多く取り上げられる有名店のオーナーさん(もちろん、経営者としては素人から始めた人)の言葉です。



モッタイナイをなくすことが”使命”だから
私たちのミッション(生きていく上での使命)は

ブランドデザインで、 出会ったオーナーの『モッタイナイ』をなくすこと

と初対面の方にはしっかり宣言しています。

なので、相手にとって『これ、勿体無かったな。。。』と思われる内容での見積もり・提案はしたくないのです。


とはいえ、そうは言っても『高い・安い』は経営者の個々の価値観でしかないので、ギャップを埋めるべく、なるべく今までの実績・取り組みについて公開しています。

>デザイン実績
>日々の取り組み/プロジェクトレポート
>オーナーインタビュー

ここまで情報を開示している(=判断していただくための材料をオープンにしている)デザイン事務所を、私は知りません。


ちなみに肌感覚で、現時点での私たちの料金は、

本気で事業に取り組むクレバーな経営者さんにとっては『安い』と評価され、
なんとなく失敗しそうな覚悟も実力も中途半端な経営者さんには『高い』と評価される、

そんな真ん中辺をウロウロしているような価格帯のようです。
決して安くはない、でも高くはないラインを目指して頑張ってます。

やった者だけ勝てるシンプルな世の中
何にも考えていない、ポンコツな税理士さんが良くいうセリフが、
「開業時はなるべく経費を抑えて」です。
誰にでも言えそうな、このアドバイス。これってホントでしょうか?

経費をなるべく抑えることで実現することって“潰れるまでの時間が数ヶ月伸びる”こと以外に何かありますか?

もちろんキャッシュフローの計画は必要ですが、それは成功するための準備ができた後の話でしょう?

このモノで溢れる時代に、『宣伝しなくても勝手にお客さんが、たくさんやってくる』という数十年前の妄想を、相変わらず信じている無能経営者が多いことに、私はいつも驚かされます。(だから“ちゃんとやった人”だけが勝つんですけどね)


失敗するケースの8割は、事前に回避できる。

そう自信を持って、今まで多くの方々の新規開業やリニューアルに携わってきました。

そこまで言い切れる証拠は、今まで更新してきた実績のページに“これでもか!”ってほど詰まっています!
>デザイン実績

予算は、かけるとこかけて、しめるとこしめる!

貧乏症経営者でもある自分の感覚だと、そんな感じが理想です。

世間の言う失敗パターンは、かけるところにかけ過ぎたかなり極端なレアケースでしょう。

そんな失敗例はごく一部で、私が十数年のキャリアで見てきた数々の失敗例は『予算をかけなさすぎて失敗』のパターンがほとんどです。


もしお声がけいただけたら、決してオーナーさんには損をさせないよう、そんなお話をしながらしっかり予算計画を立てていきます。


我々の想いからカタチになった自動見積もりフォーム、ぜひ以下よりお試しください!

自動見積もりフォーム KOMの自動見積もりフォーム
※2021年現在、自動見積もりは一時使用を制限しております。

KOMのみせづくりブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ一覧に戻る
代表 タカギイメージ

コムデザインラボ/代表 タカギ

株式会社コムデザインラボ代表。 一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 1級資格取得者 名古屋にすっかり染まった北海道静内出身の田舎者。 究極の器用貧乏だったサラリーマン設計者が、27歳から2度の社長からのクビ宣告、 半年以上のニート期間もあり、その時期にデザインコンペで100万獲得などの混沌期を経て、29歳でコムデザインラボを設立。今に至る。

  • すべての記事
  • ニュース
  • メディア情報
  • 現場レポート
  • 事務所のこと
  • プロジェクトレポート
  • 日常
  • 食べ物
  • インターン
  • アーカイブ

デザイン実績

お問い合わせ

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

代表 タカギ

Vol.16_ポスターというブランドの象徴

2017.6.10.Sat

この記事を書いた人

代表 タカギ

「白イチゴの淡雪っていうらしい」たくさんの業種のデザインをしてい…

2016.3.02.Wed

この記事を書いた人

ブランドコンサルタント タカギ

Vol.02_何を売るのか?

2015.6.27.Sat

この記事を書いた人

ブランドコンサルタント タカギ

Vol.01_屋号はどうする?

2015.6.20.Sat

各ブログ最新記事

代表ブログ

求人について、改めて!〜アルバイトはあと3日で締め切ります

2021.3.29.Mon

スタッフブログ

新しいプロジェクトの打ち合わせ!_ブルーホームズプロジェクト

2021.4.16.Fri

みせづくりブログ

デザイン料の考え方について

2018.12.28.Fri

コツ

はらペコブログ

【PHOTO更新情報】ピュアフラワーの手作りパウンドケーキ

2017.5.09.Thu

食べ物