名古屋・東京の空間ブランディング・店舗デザイン事務所 コムデザインラボ

WORKS

三茶スニーカー
スニーカーショップの店舗デザインリニューアル
靴屋の店舗デザイン_東京都世田谷区三軒茶屋 三茶スニーカー
『街の靴屋がスニーカー専門店に大変身』

商店街の靴屋さんから、スニーカーショップへのリブランディング実績です。
工事予算がかなり限られた中で、いかに売り上げというカタチで結果を出せるかがテーマでした。
すでに靴屋さんという同業種で営業されていた今回のようなケースは、長年営業していくなかで見落としがちな『あたりまえの問題点』を解決してあげるだけで、結果につながる場合が多いです。
今回の場合は『入りやすい動線を確保して上げる』『箱を並べるだけで整理整頓できる状態をつくる』といった、デザインというよりは"売り場"としての機能面に的を絞りながら、的確に予算配分することをリニューアルの重点と定めました。

デザイン的には大きなインパクトのあるものではありませんが、売り場の方程式を素直に落とし込み、オペレーションを整えるだけで、売り上げが2〜3倍も出せるということが証明出来た実績となりました。

また、驚くことに、長い年月同じテナントで営業していた靴屋さんにも関わらず、毎日目の前を通る人達から「こんなところに靴屋さんがあったの?」というご声も多数あり、デザインと認知度の相関性を確信出来たリニューアル実績でした。

スニーカーショップの店舗デザイン

あるものは極力残しながら、最低限必要な部分に予算を使ったリニューアル

 

スニーカーショップのブランディング

大きな照明をつり下げ、店内にメリハリをつけました

 

スニーカーショップの内装工事

壁一面に有孔ボードを使った圧巻のディスプレイ演出

 

スニーカーショップのブランディング

800足近くの在庫量を、キレイに配置するための家具デザイン

 

スニーカーショップのインテリアデザイン

出柱と梁で、ゲートのような切り替えを作りました

 

スニーカーショップの使い方

大型店舗に勝負するための、いくつかのブランド戦略

 

スニーカーショップのディスプレイコーナー

絞り込んだブランドを解説するための、博物館のようなディスプレイスペース

 

スニーカーショップのイメージ

ホームページの重要コンテンツ、『三茶足元倶楽部』も要注目!

 

s044.11

積み上がりすぎて、目的の商品にたどり着けなかった以前のレイアウト

 

s044.12

在庫量を最適化することが、一番の課題でした

 

s044.13

動線が確保出来なかった以前のレイアウト

CREDIT
三茶スニーカー
Member
ブランドディレクション・メイン設計/代表タカギ
グラフィックデザイン/スタッフイシバシ
ウェブサイト
↑
MENU CLOSE
Please follow me!
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
すごい!デザイン相談会 詳しくはこちら