愛知県安城市のケーキ屋 パティスリーしあわせのえき インタビュー2話

No.01
パティスリー しあわせのえき
Pâtisserie in Sakurai Anjo
話し手
owner
話し手
パティスリーしあわせのえき
小島 悠・峰子 夫妻
安城市出身・在住。専門学校を卒業後、神奈川県の「湘南ガトーアベニュー 葦」に入社。全国各地の名店で修行し、27歳で渡仏。ル・コルトンブルーパリ校を首席で卒業後、フォション、ホテルクリヨン、アルザスの老舗で腕を磨く。2009年、フランス「アルパジョンコンクール」優勝。
聞き手
interviewer
聞き手
ライター
後藤 麻衣子
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集などを7年経験したのち、27歳でフリーに。インタビューをしている時と、おいしいものを食べている時に、この上ない幸せを感じる。よく言われる言葉は「おいしそうに食べるね」。食と旅をこよなく愛する31歳。趣味は、俳句とギター。
#01-1

きっかけは、SNSでの勘違い?不思議な出会い秘話

「店を出すなら安城」というのは決めていたんですか。
はい。安城で店を構えたいというのは、わりと早い段階から決めていました。
やっぱり生まれ育ったところだし、この街が好きですしね。田舎ですけど。
いいところですよね。
オープンを決めてからは、どう動かれたんですか。
「どんな店にしよう」「こんな店にしたい」っていうイメージは、
フランスにいた時になんとなく固めていたので、
じゃあ「どこにお願いすればいいのかな」が次の課題でした。

デザイナーの知り合いなんて、ひとりもいなかったので、
飲食店の設計をしている会社を片っ端からホームページで検索して、
いくつか見ていました。
好きなテイストを探すために、ケーキ屋の設計をやったことがある会社を検索して、
「いいな」と思うところはチェックして、またほかを見て…の繰り返し。
何十社くらい見たんですかね、もう頭の中がこんがらがっていて、
どの会社がどの物件をつくったのか、ごちゃまぜだったのかもしれません。
そんなにたくさん!
じゃあ、コムデザインラボを知ったのはホームページで?
それがまた、おもしろい出会いなんですよ。
いろんな会社のホームページで過去実績を見てたら、
いい感じのケーキ屋を発見して。

僕、その頃Twitterを始めたばっかりで、
「このデザイナーさん、Twitterやってないかな」って思ってふと検索したら
高木さんの名前が出てきて。
「あ、この人だ」と思って、
「安城で店やろうと思ってるんです~」と軽いノリでメッセージを送ったんです。
そしたら、深夜なのにビックリする速さで返信が来て。
「この人すごっ!」って思ったのが、ネット上での第一印象。
あれ?ちょっと待ってください。
私、コムデザインラボの初のケーキ屋さん物件が、
「しあわせのえき」さんだと聞いてますが…。
そうそう、そうなんですよ。
この話には続きがあって。
そのままTwitterで何回かやり取りして、さんざん話したところで、
「ホームページのあのケーキ屋の物件見ました、いい感じですね~」
なんてメッセージを入れたら、
「え?それ僕じゃありません」って返ってきて(笑)。
えっ?
夜な夜ないろんな会社のホームページや実績を見てたので、
きっとわかんなくなってたんでしょうね。
でも、いろいろ見た中でもコムさんのホームページは一番好きで、
僕の中でとても印象に残っていて。
だから高木さんにメッセージを送っちゃったのかも。
勘違いからの出会いだったんですね。
そう。でも、そこに至るまでいろいろ話をしていたので、
「せっかくだから一度お話だけでも…」ってことになったんです。
軽いノリでTwitterからメッセージを送ったにもかかわらず、
親身になって相談に乗ってくれる高木さんの、その姿勢にも好感を持ちました。
「しあわせのえき」さんが、
コムデザインラボにとって初のケーキ屋案件でしたよね。
はい。
ケーキ屋の実績がない会社でしたけど、
そこに不安みたいなものはなかったんですか?
なかったですね(キッパリ)。
そのあと、実際に高木さんにお会いして、話をしているうちに
「あ、この人だな」って自分の中で腑に落ちたっていうのもありました。
フィーリングが合うというか、信頼できる人だなって思いましたし、
熱意を持って向き合ってくれているのが伝わってきて。
なるほど。
デザイナー探しをするときは、本当に手探りだったので、
「ケーキ屋をつくったことがある会社」を見て探してましたが、
実は、自分が開業する身だったので、
同じように「これから開業して事業を大きくしていきたい」人と、
一緒に階段をのぼっていけるような、
そんな関係で店づくりをしたいなという気持ちもありました。
そういった面でも、高木さんがぴったりでしたね。
あと「ケーキ屋の設計に慣れてる人」にはお願いしたくなかったというのもありました。
それはなぜですか?
ケーキ屋って、だいたい似たようなつくりなんですよ。

それはケーキを売るための戦略のひとつではあるんですが。
だから、ケーキ屋の設計に慣れてる人は、どうしてもそれがベースになると思うんです。
戦略的になりすぎるというか…。
それよりも、自分らしい店にしたいと思っていたので、
ほかとはちょっと違った雰囲気だといいな、という思いもありました。

だから、「ケーキ屋をデザインしたことがない人だといいな~」というのも本音。
勘違いからの出会いでしたが、
高木さんが正直に「僕、ケーキ屋さんつくったことないんです」って言ってくれた時は、
僕としては「やった! 見つけた!」っていう気持ちが大きかったです。
WORKS
  • パティスリーしあわせのえき
  • パティスリーしあわせのえき
  • パティスリーしあわせのえき
パティスリー
しあわせのえき
↑
デザインスタート目安メーター
今相談いただいて週間後スタート
詳しくはこちら
閉じる
MENU CLOSE
Please follow me!
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter