design

全てのデザイン

不動産屋の店舗デザイン_名古屋市昭和区 昭和くらし不動産

不動産屋の店舗デザイン_名古屋市昭和区 昭和くらし不動産サムネイル

『新ブランドと共に快適なオフィス空間に』

昭和区に特化して営業しているエステイト・リングさんのリブランディングプロジェクト。
より、『昭和区に密着』をPRするために新たに立ち上げたブランド『昭和くらし不動産』に合わせて、オフィスもリニューアルしました。
北欧カラーをメインに、既存の店舗の良い部分を残しながら、相談に来られるお客様が快適に過ごしてもらえることを意識して計画しました。また、お店が奥まっている環境だったため、今までのカッティングシートだけの店構えを大幅に改装し、『ここ何屋さんだろう?』と、道行く人の注目を浴びるデザインになりました。

昭和くらし不動産

不動産屋の店舗デザイン

ウェブサイト
http://estate-ring.co.jp

Member
Member
ブランドディレクション・店舗デザイン/代表タカギ
グラフィックデザイン/スタッフヨコイ
フォトグラファー/神谷篤史(PhotoBox)

お手伝いしたこと

  • 空間デザイン
  • グラフィック
  • ロゴ
  • ウェブ
  • 看板・サイン
NEXT
すべて見る
PREV

s049.1

今までの使い勝手をヒアリングした上で、大きなホワイトボードも増えて、使いやすいようにリニューアル

 

s049.2b

西日が強く、閉めると目立たないといった窓面を6連のロールスクリーンで解消しました

 

s049.3

部分的に意識して曲線を入れ、女性オーナーさんらしいイメージに

 

s049.4

連続する丸窓とロゴマーク入りの丸看板

 

s049.5

新たに立ち上げたブランドのロゴマーク看板

 

s049.6

物件の規制もあり、シンプルすぎて目立たなかったガラスサッシの問題を、デザインで解消

 

s049.7

大きな木製看板の存在感で、注目度も上がりました

 

s049.8

大きな木製看板の上部はフリップ式です

 

s049.9

2名で営業しているので、不在の時はパタンと折り畳んで不在をお知らせ

 

s049.10

改装前の店舗は使い勝手が悪く、持て余すスペースも点在していました

 

s049.11

西日が強く、閉めると休業しているというリスクのあったガラス面

 

s049.12

シンプルすぎて、認知度が上がりにくかった外観のデザイン

合わせ技一本!WORKS