オーナーさんへのインタビュー

2013年12月開業した名古屋栄のやきものセレクトショップ。トータルのデザインはもちろん、現在ではオリジナル商品の企画ブランディングも声をかけていただき、スタッフ共々大変お世話になっているお店です。名古屋のど真ん中で、常に情報発信できる感度の高いお店として目が離せません!
(代表タカギ談)
ベビー用品を扱う会社で15年間勤めたのち、独立。栄に、器やアクセサリー、雑貨などを並べた「make my day」をオープンさせる。ドライブが趣味で、国内あちこちの窯元を訪れ、多くの器たちに実際に会い、連れて帰ってくることが好き。愛知県小牧市出身。
名古屋・岐阜で活動するフリーライター。情報誌の編集・印刷媒体の企画などを7年経験したのち、フリーに。今の職に就く前は、地元・岐阜でバスガイドをしていたこともあり、旅行が大好き。最近の旅の目的は、もっぱら食。おいしいものと楽しいことに目がない。
お店を作ろう!と決めてから、最初に動いたことは?

構想が固まってからは、

店づくりをどんな会社にお願いしたらいいのか悩んで、

とりあえずネットで検索するところからスタートしました。

いろんな会社のWebを見た中で、

コムデザインラボさんのWebサイトが一番しっくりきて。

「しっくり」きたというのは?

見比べた中で一番、

自分の感性に合ってるかも、という感覚ですかね。

「スタイリッシュでカッコイイ」というより、

「柔らかくて温かい」感じのお店づくりがしたいと思っていたこともあって。

 

あと、実店舗と合わせてWeb SHOPもオープンする予定だったので、

一緒にまかせられるところを探していたこともありました。

なるほど。

それで「合わせ技一本のデザイン事務所」を見つけた!と。

そうそう。

あと、安城の「しあわせのえき」さんの事例も見たんですよ。

あ!かわいいお店ですよね。

私も先日おじゃまさせていただきました。

僕はコムさんのホームページで店の写真を見て、

あの箱っぽい雰囲気が気に入ったのと、

プランニングの段階でのプレゼンシートとか、

ロゴとかを見てたら、なんだか気になっちゃって。

で、休みの日にお店に行ってみたんです。

安城まで?

はい。

家族連れて「しあわせのえき」さんに行って、

お店を見て、普通にケーキ買って帰ってきました。

実際行ってみて、「こんなお店ができたらいいな」という思いが

更に膨らみました。

写真もいいんですけど、

実店舗はさらに素敵なんですよね、あのお店。

独特の世界観があるというか。

そう。

実際に気に入った事例に足を運んだのも、 良かったかもしれません。

それで「ここにお願いしたいな」というが強くなりました。

そうだったんですね。

あと、あのお店って、 ケーキ屋っぽくないじゃないですか。

確かに。

一旦話は飛ぶんですが、デザイン会社を探してる時に、

実はほかの会社さんとも話をするところまで行っていて。

全部で3社くらいと話をしたのかな。

 

でもほかの会社はわりと、

「うちの会社の色」ってのをがっちりと持ってて。

僕が「こうやりたい」って伝えても、

「それはこうしたほうがいいと思いますよ」って、

会社の色に寄せられちゃうイメージがどうしてもあったんです。

なるほど。

その会社の実績を見てても、

美容室とカフェと小売店…と

いろんな業態を手掛けられてるのに、

完成したお店を見てると、なんだか雰囲気が似てるんです。

それはやっぱり、

「デザイン会社の色」が出すぎてしまっていると。

多分そう。

得意分野があることはいいことなのかもしれないけど、

なんだかフォーマット化されちゃってるような

印象を受けてしまったんですよね。

で、ここでさっきの

「しあわせのえきがケーキ屋っぽくない」って話に戻るんですが。

あ、はい。

コムさんの実績見てると、

「枠にとらわれていない」というのがわかるんですよね。

というか、そういうところを理解していただける会社なんだなっていうのが、

しあわせのえきさんに行ってわかったし、

コムさんのWebを見てても感じ取れたんです。

確かに。

コムさんを見てると、得意分野は感じられるのに、

同じ雰囲気のお店はないんですよね。

でしょ。 ケーキ屋さんだったら、

ケーキ屋さんらしいお店づくりってあると思うんですけど、

全然そうじゃない。

コムさんの実績を見比べてるとまさに十人十色で、

お店の雰囲気が全然違うんですよね。

 

「あ、この人はオーナーさんの思いをのっけて、形にしてるんだな」

っていうのが伝わってきました。

同じ経営者の目線ならではの分析と感想ですね。

そうかもしれません。

そしてそのやり方こそが

コムさんの強みなんだってことが感じ取れたので、

ここにお願いしてみよう、って思ったんです。

高木さんに初めて会った時のことって憶えてますか?

初めはWebから問い合わせて、

そうそう、最初は新栄の会社にうかがいました。

オフィスの感じもかわいくて、印象良かったんですよね~。

芝生のある会社!

そうそう、芝生!

ああいう感じ、すごい好きで。

コムさんに行く前、

ひとりで勝手に店のイメージしてた時に、

人工芝がひいてある店ってどうだろう~?って

考えてたのもあって。

 

会社に初めて行った時に、

「感性が似てる人なのかも」と安心した瞬間でもありました。

興味深い!共感できた!応援してます!という方は是非、"いいね!"をお願いします。
インタビューは続きます
名古屋・栄の街なかに、この店を置いた理由。
期待の先は、思いを乗せてくれる店づくり
土から生まれたギフト、言葉の温度感
作り手の想いを伝え、器でその縁をつなぐ
合わせこなし技と、ここでしかできない提案
決めた目標は高く持って、崩さないこと