みせづくりヘッダー

ブランドコンサルタント タカギイメージ

コツ

Vol.09_看板の基礎知識

Vol.09_看板の基礎知識メインイメージ

「看板工事にはどのくらいかけたらいいんですか?」

こんな質問があったので、お店の『看板』について書いてみます。


ちなみに、我々の携わっている空間設計というフィールドでも、
大きく『住宅』と『店舗』の2つに分かれていて、
圧倒的にセンスや能力(使う筋肉)に差が出る部分が、『看板』についてだと思うんですよね。

このテーマは長くなりそうなので、
その中でも今回は基礎中の基礎、

★看板屋さんの作業フィールド(やれること)
★看板の種類と名前
★KOMの看板デザインの考え方
★費用はどのくらいかけるべき?

この4つに絞って紹介しますね!


以前書いたユーモア看板についてはこちらからどうぞ > ユーモア看板6選

看板屋さんの作業フィールド

看板屋さんって一言で言っても、お店を作る工事の中でも、色々なことをやってくれます。

通常、看板屋さんのイメージって、

飲食店のA看板

こういうのを作ったり

アンドンサイン

こういうのを作ったりって思いがちですが、
デザイン次第で、あらゆる”装飾”のお手伝いをしてくれます。
(出来ないマチの看板やさんも、たくさんいますが)


よく例えて言うのは、
ケーキで言うと、生クリームを塗ったスポンジに
『最後にイチゴとかチョコを飾ってくれるポジション』
っていう言い方をしています。

次に、材料の説明をするので、
『あー、こういうのも看板工事なのかぁ』
と理解してもらえるとウレシイです。

看板の種類と名前

最低限、看板の名前や特徴…くらいは把握しておいて損はないです。

知識としてもっておけば、見積もりの内容も確認できますしね!
それぞれ特徴があるので、超ざっくりと6種類説明します。

★シートサイン tkg150822.4 完成系はこちら > ケリィブレッド

文字通り、シート状の厚みの無い看板を貼ります。
インクジェットシートや、カッティングシートなどがあって、一番安価なのが特徴です。

★ステンシルサイン tkg150822.10 完成系はこちら > ブライトンベーカリー

先ほど紹介したシートサインにひと手間加え、シートに沿って塗装で色をのせたサインです。
安価ですが手間がかかり、あまりやっている人が少ないので、KOMが頻繁に使う手法のひとつです。

★カルプサイン tkg150822.5 完成系はこちら > スターティングポイント

厚みのある、軽量の素材です
凹凸が表現出来るので、大きな看板でもインパクトがあります。

★アクリルサイン tkg150822.7 完成系はこちら > 遠山歯科医院

厚み+固さもある素材です。
比較的細かい文字にも対応することが可能です

★アンドンサイン tkg150822.9 完成系はこちら > 三茶スニーカー

トップ面に乳半アクリルを入れて、中が光るタイプの看板です。
当然ですが、夜でも看板全体が明るいです。

★その他、木や金属素材 tkg150822.8 完成系はこちら > パティスリーしあわせのえき

その他にも、材料次第で多種多様な表現が可能です!

KOMの看板デザインの考え方

『目立つかどうか』は、看板にとって大事なことではありますが、
それよりも『来店したくなる世界観が表現出来ているか』
のほうが大事だと考えています。

だって考えてみてください、
目立つことが一番大事だったら街全体が『黄色×黒』だったり、『赤×白』の看板だらけになりますよ!

目に留まる確立が大事なんではなくて、
目に留まった人が確実に来店したくなる確立、
ウェブで言うコンバーションレート的な考え方が大切です!!

費用はどのくらいかけるべき?

デザインの内容によりけり!というのは当たり前なのですが、
それだとあまりにもリアリティがないので、これもざっくり書いてみましょう。

ぶっちゃけ、KOMがデザインする店舗の看板工事費は、
約50〜60万円くらいが理想!
(KOMの利益じゃなくて、工事屋さんに払う金額ね)


規模感としては、15坪前後がKOMがお手伝いするお店の大きさの平均値です。

全体の工事費の中でも、一番削りたくない部分でもあります。
(売り上げを左右しちゃったりするので)

看板についてのまとめ

本当にざっくりですが、看板についての基礎知識を書きました。

大切なのは、 『見られる確立』よりも
『見て来店する確立』ということ。

そして、売り上げを左右する大事な部分でもあるので、使う材料の特徴を生かし、 より効果的な看板デザインを検討してみてください。

KOMのみせづくりブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ一覧に戻る
ブランドコンサルタント タカギイメージ

コムデザインラボ・KOM BRAND./ブランドコンサルタント タカギ

店舗デザイナーからブランドマネジメント会社を経て独立した、希少価値の高い(と勝手に思っている)ショップブランドコンサルタント。 ブランディングの専門書で巻頭特集していただいたり、最近は少しずつ自分たちの仕事が世間に認知されてきているのを感じています。

  • すべての記事
  • ニュース
  • メディア情報
  • 現場レポート
  • 事務所のこと
  • プロジェクトレポート
  • 日常
  • 食べ物
  • インターン

デザイン実績

お問い合わせ

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

ブランドコンサルタント タカギ

ブランディングの成功を実感するのは1〜2年目くらいから?

2015.12.20.Sun

この記事を書いた人

ブランドコンサルタント タカギ

インテリアデザイナーに頼む価値『圧倒的アドバンテージ、光』_KO…

2016.3.06.Sun

この記事を書いた人

ブランドコンサルタント タカギ

Vol.18_今すぐ外部ブログはやめなさい

2017.7.01.Sat

この記事を書いた人

代表 タカギ

世界観が一気に広がるとき〜オトコノトコヤTOKOTOKO

2016.3.23.Wed

各ブログ最新記事

代表ブログ

【日曜ユル書き】その59_一万時間の法則はそこそこ”イイ…

2017.11.19.Sun

日常

スタッフブログ

新スタッフの入社、となりの席が埋まりました!

2017.11.17.Fri

みせづくりブログ

Vol.18_今すぐ外部ブログはやめなさい

2017.7.01.Sat

コツ

はらペコブログ

【PHOTO更新情報】ピュアフラワーの手作りパウンドケーキ

2017.5.09.Thu

食べ物