代表ヘッダー

代表 タカギイメージ

日常

【日曜ユル書き】その38_カタチに残るデザイン

【日曜ユル書き】その38_カタチに残るデザインメインイメージ
今年1発目のユル書き!
まさか1発目の投稿が2月になるとは。。。
そんな感じで、今年もユルく書いていきます。

先月のブログ全国の図書館でKOMの実績をご覧ください!でも書かせてもらった通り、編集プロダクションさんから声をかけていただいて、ウチのデザインした看板が

新日本出版社/なりたい!知ろう!デザイナーの仕事① いつも近くにあるデザイン

という書籍に掲載されています。

Rのオーナーさんにも、ブログで紹介してもらいました!
デサイナーの仕事の本にあの看板が…

看板なんて日本全国で数え切れないほどあると思いますが、こうして”デザインの参考になる看板”として取り上げてもらえるのは、マジでとても光栄なこと!

消費されるデザイン
そもそも、店舗デザインという仕事はもう10年以上やっていますが、入った時から『消費されるもの』って考えていたんです。
建築学科を卒業した自分の同級生たちのほとんどは、住宅を作ったり、設計してます。

「住宅は一生モノ」とよく言われる通り、それは消費されることはなく。

一方、店舗デザインの業界に入った時に言われたのは「アパレル3年飲食5年」という言葉です。それくらいのサイクルで飽きられ、改装されていくということです。

そんな業界に身を置いて、キャリアを積んだ今の自分が思うことは、
消費されるものと思ってデザインするから飽きられるんだな

ってね。


そこでブランディングの登場ですよ!

「ブランディングって何?」の問いに、『記憶』っていう答えをする人がいるように、きちんとブランディングをしたお店は経った年月が年輪になるんじゃないかなーと思ってます。お店の歴史は金では買えない資産ですから。

そう思うと、店舗デザイナーだった20代前半を思い返すと、今のブランディグ+デザインの仕事ってイイなって、ちょっと思います。

こうして自分たちの仕事が書籍というカタチを通して子供達の記憶に残るのも、今の仕事だからなのかもしれないね。

看板デザイン 掲載された看板の写真
オーナーのユーモアセンスがあったから実現した、このデザインです!
カットオンリーサロンRの実績はこちら


ユル書き 日曜ユル書き2016はこちらから

日曜ユル書き2017

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ一覧に戻る
代表 タカギイメージ

コムデザインラボ/代表 タカギ

株式会社コムデザインラボ代表。 名古屋にすっかり染まった北海道静内出身の田舎者。 究極の器用貧乏だったサラリーマン設計者が、27歳から人生をゴロゴロ転げ回り、 奇跡の連続を経て、29歳でコムデザインラボを設立。今に至る。

  • すべての記事
  • ニュース
  • メディア情報
  • 現場レポート
  • 事務所のこと
  • プロジェクトレポート
  • 日常
  • 食べ物
  • インターン

デザイン実績

お問い合わせ

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

代表 タカギ

6月に入ったので、今のKOMがどんな混み具合か書いてみる

2016.6.01.Wed

この記事を書いた人

代表 タカギ

ケーキ屋さんは戦場だ…

2014.12.25.Thu

この記事を書いた人

代表 タカギ

接骨IN!

2012.3.28.Wed

この記事を書いた人

代表 タカギ

happy new year 2015

2015.1.01.Thu

各ブログ最新記事

代表ブログ

オーナーさんと共に出店地探し!_CUT ONLY SALON Lau…

2017.5.28.Sun

スタッフブログ

make my dayに行ってきました!

2017.5.26.Fri

日常

みせづくりブログ

Vol.14_成功と失敗しないは似て非なる

2017.5.13.Sat

コツ

はらペコブログ

【PHOTO更新情報】ピュアフラワーの手作りパウンドケーキ

2017.5.09.Thu

食べ物