代表ヘッダー

代表 タカギイメージ

【日曜ユル書き】その64_ウチにアポなしで来るダメ営業マンに告ぐ 〜ウチのスタンスを明確にしておく

【日曜ユル書き】その64_ウチにアポなしで来るダメ営業マンに告ぐ 〜ウチのスタンスを明確にしておくメインイメージ
何度も言うのが面倒なんで、ここに書いておく
毎日のように営業の方が突撃訪問してきたり、電話してくる営業マンが多いのですが、わかんないと思うので会社の方針というか、考え方を書いておきます。

ウチの会社は、
かなり時間に対して厳しい会社です

自分も含めて全スタッフが15分刻みで、ぎっしりスケジュールが組まれています。

また、仕事にかかった工数も全て、現在では数字管理されている状況です。また、それを実現するためにバックオフィスの投資はかなりの金額を固定費として突っ込んでいます。

それくらい、
1分1秒を大事にしているわけです。


「じゃあ全然余裕ねーのかよ?」と言われたらそういう訳じゃなく、ウチのことをよく知っている人はわかると思いますが、比較的のんびりした空気が流れています。

【1】関わるほとんどが店舗やオフィスの経営という観点から、オーナーさんの商売においての緊急事態に対応してあげる余裕も必要だし、

【2】ケーキを食べたり、たまに雑談でクリエイティブなことを共有する時間を作る、

そんなことの実現のために、普段のスケジュールは猛烈にキッチリと管理しているということです。


で、前置きが長くなりましたが、

いきなり来られても、そんな簡単に変えられるスケジュールは無い!
ということです。

我々の大事なお客様・オーナーさんですら、きちんとメールや電話でアポをいれて、打ち合わせに来てくれてます。

いつもこちらが恐縮するくらい、当たり前のように「忙しいのにスイマセン」と枕詞までつけていただいて。


飛び込み営業・飛び込み電話(っていうのかわからんが)のほとんどが、
「先にメールして」
と言っても、一切折り返しの連絡をしてこないのは何故なんでしょうね。

営業マンの「おれ何社回ってきました!」っていうクソアピールのためにウチに来社されるのは、ほんとウザいわけです。


労働時間は社則(もっというと法律で)で定められていますし、その”しわ寄せ”で仕事のクオリティを低下させないためには、営業マンに搾取された分の残業が発生します。

例えば、営業さんのエゴで拘束されるスタッフの15分は、そのまま残業代という形で会社に請求されます。

もしあなたが、その分の対価を払うっていうのであれば、こちらも考えましょう。


だから、くれぐれも注意してほしいのですが、
要件があるなら、事前にメールくらいは入れましょう。


契約に前向きな商材やお話なら是非こちらから折り返すし、比較的ウチは”情報収集能力”には長けているので御社のホームページを事前に見たり、営業マンの下手なトークを聞く前に、ある程度の判断はつけることが可能です。そのほうがお互いの時間の無駄にならない。

原則、メールできるまともな資料がない時点で、契約することは100%ありえない!!
あと、webがクソな会社も信用に欠けるしセンスなさそうだから付き合いたくない。


そんな基本的な準備が出来てないのであれば、しょーがないからwebでもチラシでもウチが作ってやるよ!


特に聞いておけ、こういう業界のやつ
【1.SEO対策業者・ブログ代行業者などweb関係の営業マン】

あのさ、ウチのホームページちゃんと見た?
大抵見てないから言うが、ホームページにちょっと見れば書いてあることを質問されるのは時間の無駄です。

自分で言うのもなんだが、そこらの対策業者以上に成果を上げる自信があるし、実際に結果も出てる。8年以上、自分自身で作成したホームページをトライアンドエラーで運用してきた経験値は結構すごいですよ。

あと、連絡してくる前に、まずは検索順位チェッカーで調べろ。お前らの出番がないくらい、結果出てるぞ!

まぁ、webに関わる仕事なのに電話営業っていう時点でさ・・・、色々お察しします。。。
(転職したら?マジで。愚の骨頂ですよ。)


【2.銀行系・金融系の営業マン】

今まで7年間、一度も事前アポをきちんといれる”まともな奴”がいないんだけど業界特有のマニュアルでもあんの?
なぜそんなに飛び込みにこだわるのか。。。この前も、ミーティング中にとある信金が飛び込みで来て「再度連絡ください」って言ってから音信不通。無能な奴が多い印象。

過去にはウチの決算資料を持ったまま連絡が途絶えた地銀の担当もいた。

繰り返し言うが、いきなり訪問して時間の取ってもらえる会社ってどんだけ暇だよ!銀行としてもヤバイと思えよ!


同じく営業する立場として

ウチには営業マンがいないので自分が営業っていう立場なんだけど、やっぱり相手のホームページを事前に見たり、公開しているSNSをのぞいたりっていうのは
基本中の基本
だと思うわけです。

特にウチは情報開示にこだわっているので、ちゃんと読めば潤沢に情報が書いてあります。
(少なくとも底辺営業マンが聞いてくる薄っぺらい情報くらいは一通りは)

今回書いてる”怒りの部分”っていうのは採用活動の時のクソ就活者と共通する部分がありますな。
(ホームページも見ないで面接に来るクソな奴ら、みたいな感じね。)

そんな奴が、まともに契約取れるわけがない。
そして、一切信用出来ません。



色々書いたけど、お会いして良かったと思える方も、もちろんいます。(5%くらいだろうけど。)

有益な打ち合わせになるのであれば、メールいただいた際は折り返し、ちゃんと社内スケジュールカレンダーにも入れることを約束します。




日曜ユル書き2017 日曜ユル書き2017はこちらから

ユル書き 日曜ユル書き2016はこちらから

日曜ユル書き2018

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ一覧に戻る
代表 タカギイメージ

コムデザインラボ/代表 タカギ

株式会社コムデザインラボ代表。 名古屋にすっかり染まった北海道静内出身の田舎者。 究極の器用貧乏だったサラリーマン設計者が、27歳から2度の社長からのクビ宣告、 半年以上のニート期間、その時のデザインコンペで100万獲得など混沌期を経て、29歳でコムデザインラボを設立。今に至る。

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

代表 タカギ

ハッシュタグ、どんどん増えてます〜進化する自社ホームページ

2018.1.10.Wed

この記事を書いた人

OGスタッフ ヨコイ

クリエイティブ業界で働く、私たちの”残業習慣”

2017.2.02.Thu

この記事を書いた人

スタッフ イシバシ

専門誌への掲載、自分の名前が本に載るということ

2017.9.04.Mon

この記事を書いた人

スタッフ イシバシ

コムの1日〜リアルタイムレポート2〜

2017.3.28.Thu

各ブログ最新記事

代表ブログ

最近のKOMさんの取材・書籍掲載などメディア情報

2018.2.20.Thu

スタッフブログ

情報の優先順位付けの大切さ

2018.2.21.Wed

インターン

みせづくりブログ

Vol.18_今すぐ外部ブログはやめなさい

2017.7.01.Sat

コツ

はらペコブログ

【PHOTO更新情報】ピュアフラワーの手作りパウンドケーキ

2017.5.09.Thu

食べ物